外構工事土商
072-270-3377 お問合せ
外構工事-土商 工事までの流れ 施工例と費用の目安 エクステリアQ&A お客様の声 会社概要
←Prev Next→
2018/12
1  
2  3  4  5  6  7  8  
9  10  11  12  13  14  15  
16  17  18  19  20  21  22  
23  24  25  26  27  28  29  
30  31  

  • コトダマ(339)
  • ラクニワ(350)
    楽庭:楽しい庭造りの提案
  • エクステリア(251)
  • お花 植木(263)
  • お家の占い(165)
  • こんなこともやってます(10)
  • 赤穂浪士

  • 始まりました!
  • クリスマスの準備♪
  • 玄関アプローチにスロープを
  • ユリオプステージ*
  • 犬走
  • モッコウバラでフェンス
  • おめでとうございます♪
  • 成長♪
  • 2015年12月(15)
  • 2016年01月(17)
  • 2016年02月(20)
  • 2016年03月(17)
  • 2016年04月(17)
  • 2016年05月(16)
  • 2016年06月(21)
  • 2016年07月(19)
  • 2016年08月(15)
  • 2016年09月(20)
  • 2016年10月(18)
  • 2016年11月(19)
  • 2016年12月(18)
  • 2017年01月(16)
  • 2017年02月(19)
  • 2017年03月(21)
  • 2017年04月(20)
  • 2017年05月(19)
  • 2017年06月(22)
  • 2017年07月(20)
  • 2017年08月(19)
  • 2017年09月(19)
  • 2017年10月(20)
  • 2017年11月(19)
  • 2017年12月(19)
  • 2018年01月(19)
  • 2018年02月(19)
  • 2018年03月(21)
  • 2018年04月(20)
  • 2018年05月(19)
  • 2018年06月(21)
  • 2018年07月(21)
  • 2018年08月(19)
  • 2018年09月(18)
  • 2018年10月(19)
  • 2018年11月(20)
  • 2018年12月(8)
  •  
    モッコウバラでフェンス

     

     

    今年もとうとう12月。 師走に突入です。 早いですね~。

     

    やり残しの無いように、残り1ヶ月 頑張りましょう。(^O^)/

     

     

     

    モッコウバラでフェンス

     

    ツルばら科の1種で成育旺盛、虫にも強いという特徴があります。そのためとても大きく育ち、春先になると枝もたわわに黄色い花をつけている様子がよく見られます。何かと手間とコツのいる一般的なバラの育成と比べ育てやすいため、よく初心者向けのバラとしても紹介されます。

    モッコウバラの特徴は、野生種なので病害虫にかかることがほとんどありません。バラなのにトゲがなく安全です。葉はやわらかく小さめ。優しい印象です。花弁は一重咲きと八重咲きがあり、一般に流通しているのは八重の方です。

     

    原産国は中国で、江戸時代に日本に伝わったと言われています。

     

    モッコウバラの花言葉にはいくつかあります。「純潔」、「あなたにふさわしい人」、「初恋」、「幼い頃の幸せな時間」……。

     

    いずれも美しいイメージですね。花もたわわなその枝を、春風に優しく揺らすモッコウバラにふさわしい言葉です。「純潔」に関しては白のイメージがありますが、それは次にご紹介します白いモッコウバラに由来しているようです。

     

    白モッコウバラは黄モッコウと比べるとつける花数はやや控えめですが、青々と茂る緑に白い花弁がそれはそれは美しく映えます。シンプルで大人っぽいグリーンガーデンや清楚なイメージのホワイトガーデンがお好みの方におすすめのカラーです。

     

    モッコウバラには黄モッコウバラと白モッコウバラとがあります。いずれも人気の高い花ですが、白モッコウのほうが香りが強いとされています。また、黄モッコウよりも遅く咲きます。黄モッコウがシーズンを終える頃に白モッコウが咲きはじめます。

     

    モッコウバラの植え付けのシーズンは秋も半ばの10〜11月です。苗は鉢植えにしても地植えでも良く育ちます。鉢植えの場合は植え替えという作業が出てきますが、鉢植えも地植えもそれぞれメリットがありますので以下にまとめました。比較検討してみてくださいね。

    現状よりも二回り程大きな鉢に植え付けます。鉢底石を敷いてから土を鉢の1/3程入れて苗を置き、土をかぶせます。仕上げにツルの誘引のため支柱を立ててください。

     

    モッコウバラは育てやすくはありますが、日当たりの良くない場所ではあまり育ちません。明るい半日陰程度なら大丈夫ですが日光が良く当たるよう鉢を動かしてあげることがポイントです。

     

    苗が鉢にしっかり根を張ってきたら、10〜11月にさらに二回り程大きな鉢に植え替えてあげましょう。手順は植え付け時と同じです。

     

    モッコウバラは放っておくと大きく育ちすぎて庭がジャングル化してしまいますので、ある程度株をまとめるために地植えから鉢に植え替える場合もあります。

    地植えの場合は苗よりも二回り大きな穴を掘り、1/3くらいの深さまで土を入れて苗を置き、さらに土をかぶせます。これは鉢植えも同様ですが、苗を植える際は根に付いた土を落とさずそのまま植え付けます。後ろにフェンスなどを立てて誘引してあげると元気に育ちます。

     

     

     

     

     

     Flora-tsuchisho-泉大津市のエクステリアも(^^)/  

     

     

     

     

     お家にあった外構を(*^▽^*)♪

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    お花 植木 ラクニワ 2018.12.03

    外構工事・エクステリア-土商 〒599-8251 大阪府堺市中区平井157番地
    株式会社土商
    TEL 072-270-3377
    FAX 072-270-3367
    お問合せ
    Copyright 2015 TSUCHISO CO., LTD. All Rights Reserved.